« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

秋葉原…

上海から帰ってテレビをつけると、飛び込んできたのは秋葉原の事件

生徒は大丈夫??と不安になりましたが、幸い近くにはいたものの

無事だったようです。

テレビでは、犯人となった人のことをあれこれ言ってます。

でも…

結局は本人が何を考えていたのかは本人以外わからないと思うのです。

小学生の頃から現在に至るまでの取材をしようが、掲示板の書き込みや

行動をどう分析しようが…

なぜ犯人と呼ばれる立場になってしまったのかわからないと思うのです。

それでも、テレビは連日コメンテーターを交えて論じています。

同じような事件があれば、その繰り返し…

それで、同じような犯罪が減っているわけではないし…

被害者となった方のお通夜や葬儀を取材して、マイクを向けてどうなるのでしょう。

私が犯罪の被害者になったら、取材をされたくもないし、家族にマイクを

向けられたくもないです。

まとまりませんが、なにかが違うと感じています。

| | コメント (4)

逡巡

山手線が池袋駅に到着したときのこと…

慌てて降りるサラリーマンの背からみょーんとのびる白い糸。

???

背にはべっとりとガムがくっついており、彼が座っていた席の背もたれにも

それはくっついており…

何も知らずに座ったら、背もたれにガム。

それが体温で柔らかくなりべっとりとくっつき、降りるときに糸をひいたと…

声をかける間もなく彼は降りていき、入れ違いに入ってきたおじさんが

背もたれに残ったガムに気づくことなくどっかとその席に座る。

あっ!と思ったものの、言うべきか??と迷っているところで私の降りる駅。

おじさん、背中にガムをくっつけただろうな~

何も言わなくて、ごめんよぉ

| | コメント (1)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »